Tabitek タビテク 上手な旅を応援する旅行ブログ

Tabitek タビテク

2019.07.31 青森県最大級のねぷた! 「五所川原立佞武多」約80年越しの復活への軌跡

8月ねぷたリゾートしらかみ五所川原市五所川原立佞武多五能線夏祭り青森県

高さ20m超のねぷたが町を巡行する、毎年100万人以上が訪れる祭り「五所川原立佞武多」。実は平成に再開された祭りというのをご存知でしょうか。大正の初めごろまで、競うように高さを比べあった、幻のねぷた。平成の世に蘇るまでには、どんなドラマがあったのでしょうか。

今回は、毎年8月4日から8月8日に開催される「五所川原立佞武多」の当日のようすと、奇跡の復活への歴史をお送りします!

前回の記事「津軽鉄道夏のストーブ列車」はこちら

立佞武多の開催地・五所川原市とは

五所川原市は、青森市の西に位置する、津軽半島の付け根に位置する町です。五能線の沿線にあり、人気の観光列車「リゾートしらかみ」の停車駅でもあります。冬は地吹雪が吹く厳しい気候としても知られ、それを活かした体験ツアーなどもあります。

しかし、五所川原に一番人が集まるのは8月、五所川原立佞武多の時期です。今回もねぷたの時期に合わせて行ってみました!

高揚感がたまらない、夕刻の祭り会場

夕方の五所川原駅前にやってきました。着々と準備が進んでいる駅前から、会場へと向かいます。

町の中心部の様子。駅からは徒歩5分程度です。有料観覧席も設けられ、多くの人が集まっています。

そして、町のメインストリートにそびえたつ「立佞武多の館」。ねぷたを収容するために数フロア分の吹き抜けがあるのが特徴です。間近で見るととにかく大きい施設で、立佞武多への気合が伺えます。

その他、近くには「吉幾三ミュージアム」があります。実は五所川原出身の吉幾三先生。「俺ら東京さ行ぐだ」の衝撃的なラップで物議を醸した時期もありましたが、今やすっかり五所川原の顔になりました。興味のある方はぜひ。

少し時間があるので、開始前のねぷたを何台か撮ってみます。背が高い分、アオリ構図が効いていますね。

巨大なねぷたが、続々と所定の位置についていきます。

最近人気の漫画「文豪ストレイドッグス」とのタイアップも。五所川原出身の文豪・太宰治つながりでしょうか。

津軽富士を背景に、駐車場に車がズラリ。停めるスペースを探すのは大変そうです。そうこうしているうちに日が暮れてきたので、先ほどの町の中心地へ。

一台一台が芸術品。心が震える五所川原のねぷたたち

立佞武多の館に戻ると、出発を待つ一台のねぷたが。近代建築から文字通り「発進」する様子を見ると、心が躍ります。

近くには、群衆にアナウンスをする人影が。よくよく見ると、吉幾三先生です。毎年五所川原までいらっしゃるそうで、「立佞武多」というテーマ曲も作曲されています。祭り中は生歌が聞けるので必聴です。

宵闇が迫る会場に、ねぷたが美しく輝きます。良いカメラで撮ると、美しさが引き立ちそうですね。

祭りの始まりを告げる「たちねぷた」の文字。いよいよ開始です!

超大型太鼓を2台搭載したねぷたが動き出します。「ドドン、ドドン!」という一定のリズムに合わせて、ハネトたちが「ヤッテマレ! ヤッテマレ!」という掛け声を上げます。セリフも相まって、「勝鬨」と言った方が適切かもしれないですね。ひたすら繰り返す太鼓と掛け声を聞いていると、気分がどんどん高揚します。

ここからは「動く芸術品」ねぷたを写真でご紹介します。

浄瑠璃「国性爺合戦」の主人公・和藤内。明の遺臣・鄭成功をモデルにしているそうです。ポーズがいいですね。

津軽富士見湖に題材を取った一作。600年前の伝説をモチーフにしているそうです。

「津軽十三浦伝説 白髭水と夫婦梵鐘」という作品です。水の動きと色合いが素晴らしく、最高傑作の一つだと思います。

いわずと知れた「弁慶の立ち往生」。

愛を知る男・直江兼続。この辺りは割と定番ですね。

不老不死の薬の探すために日本にやってきたとされる方士・徐福をテーマにした作品。ちゃんと船に乗っています。

歌舞伎の祖、出雲阿国。最近の新作だそうですが、2019年に解体されました。同じねぷたは3年しか見られないそうです。

そのほか、背の低い通常のねぷたも運行されていました。青森ねぶたに負けない迫力です。

五所川原なのに、なぜかくまモンがいます。理由は……行ったのが2016年だからでしょう(熊本地震があった年です)。

ねぷたを眺めているうちに、気づけば午後8時半に。今回は大舘駅で宿を取っているので、そろそろ引き上げです。

最後にもう一枚「白髭水と夫婦梵鐘」を撮って、会場をあとにしました。普段は本数の少ない五能線ですが、立佞武多の時期には臨時列車が増発されます。ホテルまでかなりの距離があったのですが、無事に間に合いました。ありがとうございます。

ねぷたのために電線を地中に。80年越しの「五所川原立佞武多」復活までの軌跡

さて、ここからは五所川原立佞武多の歴史について、少しだけご紹介します。事情を知ってからねぷたを見ると、また違った感慨があるかもしれません。少々お付き合いください。

もともとねぷたは旧暦の七夕に行われた夏祭りで、江戸時代中期までは比較的小さな灯篭が使われていたそうです。現在のような大型のねぷたが使われるようになったのは文化・文政辺りからで、各地で競い合うように背の高い灯籠が作られ、作りも精巧化していきました。

しかし大正時代になると町中に電線が張り巡らされ、5mを超えるような高い山車は運行が困難になりました。他の地域では背を低く幅広にして対応しましたが、五所川原ではこの時衰退し、忘れ去られてしまったようです。

その後平成に入り、五所川原のねぷたを復興させようという動きがありました。しかし町中を運行させるわけにはいかず、河川敷へ運び、その場で火にかけるという方法を取りました。1996年のことです。

このままでは復興できないため、五所川原市はある決断をします。それは電線を地中に埋めるという手段でした。街の美観のために地中に埋める工事は確かにありますが、費用が高いので主に大都市の繁華街などで行われます。立佞武多を運行するために工事をするというのは前代未聞と言ってもよく、祭りのために行政を動かした市民の熱意がうかがえます。

またこの頃は五能線のテコ入れの時期にもあたり、1997年には「リゾートしらかみ」の運行が開始されました。臨時列車の本数などにも、祭りと鉄道の連携が見てとれますね。

結果、数々の困難を乗り越えて、1998年に約80年ぶりの「五所川原立佞武多」が開催されました。客足も順調に伸び、今では100万人超が訪れる祭りへと成長しています。

近代化の波に押されて、一度は途絶した伝統のねぷた。妥協することなく古式を復活させようという強い意志と行動力には、本当に頭が下がる思いです。私も見習いたいですね。

今回は約80年越しの復活を遂げた「五所川原立佞武多」をご紹介しました。普通に見るのもいいですが、事情を知ってから向かうと、より感動できると思います。青森ねぶた・弘前ねぷたと併せて、津軽の短く激しい夏に、心を躍らせてみてはいかがでしょうか。

立佞武多の館のページはこちら
五所川原観光情報局のページはこちら
五能線のページはこちら

2019.07.31青森県最大級のねぷた! 「五所川原立佞武多」約80年越しの復活への軌跡
2019.07.29逆転の発想!? 太宰治の故郷・金木町を走る津軽鉄道「真夏のストーブ列車」
2019.07.23ねぶたは無いが山車はある。ユネスコ無形文化遺産「八戸三社大祭」にかける地元の心意気
2019.07.19そうだ、前泊しよう。八戸市で日曜早朝に開かれる「館鼻岸壁朝市」の魅力
2019.07.18安くて旨くて個性的! B-1グランプリ発祥の地「八食センター」で寿司と展示を楽しむ
2019.07.12岩と草原の取り合わせが魅力? ついリピートしてしまう八戸の「種差海岸」
2019.07.03上野から越後湯沢まで4,060円? 新幹線のオトクな早売り「お先にトクだ値」を使いこなす
2019.06.10遊覧船でのんびりと。「十和田湖湖水まつり」で眺める湖上の花火
2022.08.26富士山の夏を締めくくる天下の奇祭! 2kmにわたる松明が圧巻の「吉田の火祭り」
2022.07.03長篠古戦場を経由する新ルート。東京と大阪を結ぶ高速バス「グラン昼特急号」乗車レポート(後編)
2022.06.22長篠古戦場を経由する新ルート。東京と大阪を結ぶ高速バス「グラン昼特急号」乗車レポート(前編)
2022.01.30都心からお台場まで無料で行ける! 実証実験中の「江戸ひとめぐりバス」に乗ってみた
2021.10.05大地震わす四尺玉! 思いを伝える新潟・片貝町の奉納花火
2021.08.03博物館がゲームセンターに!? レトロ筐体も多数出展される名古屋市博物館の「ゲーセンミュージアム」
2021.07.25昔の晴海には鉄道が走っていた!? 越中島支線と廃線跡を辿る東京ベイエリア散策(2)
2021.07.15昔の晴海には鉄道が走っていた!? 越中島支線と廃線跡を辿る東京ベイエリア散策(1)

人気の記事

2019.01.22隠れた格安ルート! 東京から往復5,000円台で行く日帰り伊豆大島・椿まつりの旅(1)
2020.04.30どのくらいオトク? 私鉄の株主優待乗車証の使い道(関東編)
2019.07.03上野から越後湯沢まで4,060円? 新幹線のオトクな早売り「お先にトクだ値」を使いこなす
2019.08.06青春18きっぷを超えた? 最強最安の「えちごツーデーパス」で行く予算1万円の新潟夏旅行(1)
2018.12.05知らなかった……。新宿・渋谷から河口湖まで1,400円以下で行ける高速バス激安乗り換え術(1)
2021.06.06+500円で所沢-西武秩父を快適移動! 西武の新型車両「ラビュー」の設備が素晴らし過ぎた件について
2019.06.25途中下車できるって知ってた? 「みさきまぐろきっぷ」を120%活用する寄り道・日帰り旅行術(3)
2020.08.08乗り換え時間60分化で東京メトロがさらに便利に!  122円でできるお手軽東京一周散歩
2019.05.17松本にも寄れるお得なセット券!「上高地ゆうゆうきっぷ」で行く初夏の信州(1)
2019.11.11北海道2,000kmの旅(4) -地平線が見える場所。宗谷岬から紋別までの絶景ドライブ-

都道府県で探す

東京都長野県北海道新潟県愛知県青森県山梨県香川県静岡県三重県京都府石川県神奈川県埼玉県大阪府長崎県富山県福島県秋田県茨城県島根県栃木県

タグ・キーワード

グルメ青春18きっぷ高速バス台東・墨田東京下町周遊きっぷ北海道2000kmの旅ホットペッパーグルメお花見フェリー博物館祭り離島お先にトクだ値ドライブ美術館花火台東区墨田区カレー中央道東京メトロアルピコ交通えちごツーデーパス夏祭り富士急行日帰りものみゆさんくーぽんポイントつかえる東武鉄道アートスイーツラーメン中央本線四国東北新幹線瀬戸内国際芸術祭瀬戸内海絶景鉄道7月ぐるっとパスみさきまぐろきっぷ上野原京浜急行伊豆八戸市富士五湖旅行格安歴史自然長岡市中華JR総武線8月あじさいイルミネーションクリスマスのと鉄道七尾線上越新幹線和倉温泉小豆島新倉山浅間公園新宿新幹線東京スカイツリー松代松本市河口湖温泉火祭り神社仏閣稚内市能登のキリコ祭り能登半島路線バス富士吉田市日比谷線銀座線千代田線半蔵門線動物園和食餃子千代田区都電荒川線イタリアンご来光タコ料理トライアングルチケットフグ料理プロジェクションマッピングマグロ料理三崎港上高地五所川原市五能線伊勢神宮伊豆大島伊那市土肥桜地下鉄天ぷら富士山市場廃線日本アルプス日間賀島朝市東急線東海汽船水族館河津桜真田家菜の花諏訪田製作所豊橋鉄道遊覧船都営地下鉄長岡花火高遠城址公園網走市流氷西武鉄道神社下吉田東武副都心線丸の内線三井不動産コレド室町ららぽーと豊洲カピバラ長崎バイオパークカンガルー銀座ランチハンバーガーパンケーキGo To Eat豊島区カフェ洋食浅草押上江東区商店街JR山手線越中島貨物駅新東名新城市JR東日本Wきっぷえちごトキめき鉄道カワウソぎおん柏崎まつりストーブ列車せんべい汁ソースカツねぷたひな祭りほくほく線ホタルリゾートしらかみロープウェー七夕万代三崎口三浦半島三陸海岸上越市五所川原立佞武多京急油壺マリンパーク京都伊豆七島八戸三社大祭八甲田山八食センター動物北信州ツーデーパス北前船北原白秋北海道・東日本パス北越急行北陸新幹線十和田湖南信善光寺土肥金山城ケ島堂ヶ島太宰治奥入瀬渓流寺泊寿司小さな旅ホリデー・パス小籠包山本五十六峠の釜めし恋人岬新潟市日本海明月院東急東海道本線柏崎市横川横浜横須賀横須賀線水木しげる河合継之助津軽三味線津軽鉄道渋滞渋谷町工場留萌市直島直江津相模湖種差海岸立佞武多立山連峰立山黒部アルペンルート草間彌生豊島越後川口道の駅道央自動車道金木町鎌倉長谷寺長野長野電鉄館鼻岸壁朝市駅弁黒部ダム稚内駅JR北海道宗谷岬ノシャップ岬北防波堤ドーム宗谷丘陵紋別雄武町稚内紋別市ガリンコ号網走監獄秩父秩父夜祭ユネスコ無形文化遺産冬花火冬祭り知床世界遺産別海町野付半島トドワラナラワラ夕焼けキツネ最果て標津町阿寒湖神の小池屈斜路湖オンネトー摩周湖標茶駅ノサップ岬根室厚岸牡蠣北方領土ジンギスカン城南宮庭園早春椿大阪万博大阪モノレール北大阪急行線御堂筋線万博記念公園太陽の塔公園新倉山富士浅間神社私鉄小田急京王相鉄京急富士急京成新京成西武株主優待株主優待乗車証虎ノ門ヒルズ三越前貨幣博物館青梅線五日市線奥多摩湖東京アドベンチャーライン御岳渓谷無料入場無料クーポン放し飼い写真オウムコンゴウインコ無印良品誠品生活バービールインベーダーゲーム白い恋人コレド室町テラスインスタ映え割烹うどん豊洲ららぽーとゆりかもめあなご宇都宮駅東武宇都宮駅大谷石採石場地下神殿大谷寺宇都宮市弥彦線紅葉弥彦神社燕三条駅弥彦駅植物園ナガシマリゾート近鉄ご当地グルメ伊勢うどん松坂牛桑名市港区新橋浜松町汐留イタリア街東京駅大戸屋神保町ロシア料理都営新宿線麹町台湾西荻窪杉並区中央線都区内パス池袋駅巣鴨駅パスタコーヒーナポリタン小田急線渋谷区ステーキ新宿三丁目新宿区地下街すみだリバーウォーク東京ミズマチ錦糸町食べ放題葛飾北斎相撲弁当蒸気機関車葛飾区首都高速堀切菖蒲園常磐線松尾芭蕉パン樋口一葉あしたのジョータイ料理カバン中東料理谷根千上野荒川区バラベーカリー東京さくらトラム特急秩父市所沢市池袋西武池袋線西武秩父線南北線京浜東北線北区渋沢栄一王子駅6月大河ドラマ越中島支線砂町銀座商店街潮見駅亀戸駅貨物線中央区晴海東京都港湾局専用線晴海橋梁名古屋市桜通線名古屋市博物館ゲームセンター名古屋市営地下鉄ゲーム小千谷市上越線越後交通浅原神社信越本線大地の芸術祭バスお台場ダイバーシティ東京プラザ長篠の戦い奥三河飯田線バスタ新宿長篠古戦場新名神五平餅冨士浅間神社