Tabitek タビテク 上手な旅を応援する旅行ブログ

Tabitek タビテク

2020.12.24 エンジニアリングは人を感動させられる? 技術で”魅せる”なばなの里のイルミネーション

イルミネーションクリスマスご当地グルメナガシマリゾート三重県伊勢うどん松坂牛桑名市植物園近鉄

愛知県の県境付近にある、三重県桑名市の長島町。伊勢湾岸自動車道に面し、「ナガシマリゾート」という全国3位のテーマパークがある町として知られています。その一角を構成する施設に「なばなの里」という植物園があるのですが、実はここ、日本屈指のイルミネーションの名所というのをご存知でしょうか。その人気を下支えしているのは、ずばり技術力の高さ。文字通り「流れるような」光の操作は、一度見たら忘れられません。

今回は、10月から5月まで行われている「なばなの里」のイルミネーションを、動画も交えてご紹介します!

他と一線を画する技術力が見所。広告などで目にする「光のトンネル」も

まずはなばなの里の最寄駅、近鉄長島駅へ。JR長島駅も隣接しているため、JR・近鉄両方で来ることができます。名古屋駅からの所要時間は20分程度です。また、中部国際空港から長島温泉経由で乗り継げるバスも用意されています(詳細はこちら)。

駅前のロータリーからなばなの里行きのバスに乗ります。なばなの里は、通常は桑名駅からバスが出ているのですが、イルミネーションの時期は混雑のためか、より近くにある長島駅からのバスが用意されます。駅前の飾りも、雰囲気を盛り上げてくれますね。

なばなの里入口に到着しました。既に手の込んだイルミネーションが。バス停から少し歩いて、なばなの里の入園ゲートへ向かいます。

なばなの里は料金設定が少々変則的で、入場料に園内で使える1000円分のクーポンが含まれています。イルミネーション期間中は2300円ですが、クーポンを入れて割高感を抑えているあたりが、上手くできています。

クーポンは園内にある数カ所のレストラン、屋台、お土産屋で使うことができます。料理のジャンルも豊富でお土産としても使えるので、使い道がないということが起こらないような配慮がされています。あと、遊園地の施設としては園内のお店の値段が控えめなのも見逃せません。

入場ゲートの先には撮影コーナーも。大抵は何かしらのアニバーサリーがあるので、いつ行っても絵になります。

まずは園地のイルミネーションから。シーズン外は花が植わっている場所を利用しています。これはこれで見応えがありますが、まだまだ序の口です。

クリスマスシーズンなどは、多くの人で賑わいます。みなさま思い思いに写真を撮るなり、明かりを楽しんでいました。

光に彩られた木々の間を進んで…。

中央の池に到着。毎年行われている定番の水上イルミネーション「光の大河」です。LEDの色や発光タイミングを調整して、文字通り流れるような演出を見せてくれます。現地に行ったら必ず撮りたい、絶好の撮影スポットと言えそうです。動画もご用意しましたので、よろしければどうぞ。

いかがでしたでしょうか。光の強さとか、通った後のキラキラ感とか、相当な技術がないとできない演出を、園内あちこちで見ることができます。動画では建物の下部に滝のようなものが見えますが、なんとこちらもLEDの演出です。中京工業地帯の技術に裏打ちされた優れた表現力が、演出から垣間見えます。

さらに園内を奥に進みます。左上に見えるのは「アイランド富士」という可動式展望台で、地上で乗った後、高さ45メートルまで上昇するという全国的にも珍しいタイプ。昼は大パノラマ、夜は眼下に広がるイルミネーションを見ることができます。

続いてやってきました、光のトンネル「華回廊」。広告などでもよく取り上げられるので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

光が動いたりする演出こそないものの、圧倒的な密度の電球には目を見張ります。ただ高密度なだけでなく、密度に濃淡をつけて光線のように見せている表現力もポイントが高いですね。最近では他のテーマパークでも似たような演出を時々見かけます。

ちなみに近くで見たときの電球はこんな感じ。一見無作為に配置しているようですが、よく見ると密度に濃淡があります。この小さい電球を積み重ねてトンネルの演出ができている訳で、細部まで手を抜かずに作り込まれている職人芸を実感します。

光のトンネルを抜けると、いよいよ園内最大の演出を見ることができます。

毎年変わる立体演出は驚愕の一言。季節によっては夜の花畑と一緒に楽しむのもオススメ

「なばなの里」のイルミネーションは、「光のトンネル」のような定番の演出と、その年しか見られない特別な演出の2本立てで構成されています。知名度が高いのは定番が多いのですが、一番力が入っているのは、実は特別演出の方。立体的なセットにLED電球を敷き詰めて動画として演出するという、非常に手の込んだ仕掛けを見ることができます。今回は、2017年と2019年の様子を動画でご用意しました。

まずは2017年。前年に熊本県で大きな地震があり、応援企画として他の地域でくまモンを見る機会が多くなっていた頃です。初めて見たとき「こんな演出があるのか!」と魂が吹き飛ばされるような衝撃を受け、以降なばなの里のリピーターになった思い出があります。

続いては2019年の演出。春に訪れたためか、気のせいか春っぽい感じがします。もしかしたら、季節によって演出の変化とかあるかもしれません…と思いきや、2019年は元々「さくら」というテーマで行われたようです。ちなみに園内のイルミネーションは時期によって一部色が変化します。冬と春、2回に分けて訪れて違いを楽しむのも良いかもしれないですね。

時期によっては、夜の植物鑑賞も一緒に楽しめます。写真のチューリップ畑が見られるのは3〜4月くらいです。

帰りは緑に彩られたトンネルを通って入り口へ。

出口付近で、入場時についてきたグルメクーポンを使ってみました。写真の松坂牛肉まんは1個500円。高級食材を手軽に味わえるのがいいですね。

その他にも伊勢うどんなど、三重県のご当地グルメをいくつか見ることができます。なばなの里は愛知県と三重県の県境付近にありますが、あえて三重県に寄せているのもポイントが高いですね。三重県も行けば行くほど魅力の深まる県なので、機会がありましたらぜひ。

帰りはバスで元の近鉄長島駅へ。お疲れ様でした〜。

今回は、日本屈指のイルミネーションが楽しめる、なばなの里をご紹介しました。規模の大きいもの、有名なものは数あれど、エンジニアリングで感動させてくるイルミネーションというのは全国でも珍しいのではないでしょうか。鉄道の他に、中部国際空港から乗り継ぎ1回でアクセスできるバスも用意されていますので、中京圏にお立ち寄りの際は、行き先として検討してみてはいかがでしょうか。

なばなの里の公式サイトはこちら

2021.08.03博物館がゲームセンターに!? レトロ筐体も多数出展される名古屋市博物館の「ゲーセンミュージアム」
2020.12.24エンジニアリングは人を感動させられる? 技術で”魅せる”なばなの里のイルミネーション
2019.04.03離島でもオトクに。18きっぷで行く愛知・日間賀島のタコとフグ料理(2)
2019.04.02離島でもオトクに。18きっぷで行く愛知・日間賀島のタコとフグ料理(1)
2019.02.27早春の渥美半島! 電車とバスを乗り継いで向かう満開の菜の花畑(2)
2019.02.18早春の渥美半島! 電車とバスを乗り継いで向かう満開の菜の花畑(1)
2019.01.30ひと足早い伊豆の春。都心から見に行く日帰り河津桜(2)
2019.01.29ひと足早い伊豆の春。都心から見に行く日帰り河津桜(1)
2022.01.30都心からお台場まで無料で行ける! 実証実験中の「江戸ひとめぐりバス」に乗ってみた
2021.10.05大地震わす四尺玉! 思いを伝える新潟・片貝町の奉納花火
2021.08.03博物館がゲームセンターに!? レトロ筐体も多数出展される名古屋市博物館の「ゲーセンミュージアム」
2021.07.25昔の晴海には鉄道が走っていた!? 越中島支線と廃線跡を辿る東京ベイエリア散策(2)
2021.07.15昔の晴海には鉄道が走っていた!? 越中島支線と廃線跡を辿る東京ベイエリア散策(1)
2021.06.20JR線路沿いが隠れた見所。渋沢栄一ゆかりの「飛鳥山公園」に咲く6月のあじさい
2021.06.06+500円で所沢-西武秩父を快適移動! 西武の新型車両「ラビュー」の設備が素晴らし過ぎた件について
2021.05.31ベストシーズンは5〜6月? 東京さくらトラム(都電荒川線)を彩る沿道のバラ巡り

PR

人気の記事

2019.01.22隠れた格安ルート! 東京から往復5,000円台で行く日帰り伊豆大島・椿まつりの旅(1)
2020.04.30どのくらいオトク? 私鉄の株主優待乗車証の使い道(関東編)
2019.07.03上野から越後湯沢まで4,060円? 新幹線のオトクな早売り「お先にトクだ値」を使いこなす
2019.08.06青春18きっぷを超えた? 最強最安の「えちごツーデーパス」で行く予算1万円の新潟夏旅行(1)
2018.12.05知らなかった……。新宿・渋谷から河口湖まで1,400円以下で行ける高速バス激安乗り換え術(1)
2019.06.25途中下車できるって知ってた? 「みさきまぐろきっぷ」を120%活用する寄り道・日帰り旅行術(3)
2020.08.08乗り換え時間60分化で東京メトロがさらに便利に!  122円でできるお手軽東京一周散歩
2019.11.11北海道2,000kmの旅(4) -地平線が見える場所。宗谷岬から紋別までの絶景ドライブ-
2019.05.17松本にも寄れるお得なセット券!「上高地ゆうゆうきっぷ」で行く初夏の信州(1)
2019.04.10高速バスより早く・安く・快適に! 東京-京都間「超」鉄道乗り継ぎ術

都道府県で探す

東京都長野県北海道新潟県青森県愛知県香川県山梨県静岡県三重県京都府石川県神奈川県埼玉県長崎県大阪府島根県富山県栃木県福島県秋田県茨城県

タグ・キーワード

グルメ青春18きっぷ台東・墨田東京下町周遊きっぷ高速バス北海道2000kmの旅ホットペッパーグルメお花見フェリー博物館祭り離島お先にトクだ値ドライブ台東区墨田区美術館花火カレー東京メトロアルピコ交通えちごツーデーパス中央道ものみゆさんくーぽん日帰りポイントつかえる東武鉄道アートスイーツラーメン中央本線四国夏祭り富士急行東北新幹線瀬戸内国際芸術祭瀬戸内海絶景鉄道7月ぐるっとパスみさきまぐろきっぷ上野原京浜急行伊豆八戸市旅行中華格安歴史JR総武線自然長岡市8月あじさいイルミネーションクリスマスのと鉄道七尾線上越新幹線日比谷線銀座線千代田線半蔵門線動物園和倉温泉和食餃子富士五湖小豆島新倉山浅間公園新宿新幹線東京スカイツリー千代田区松代松本市河口湖温泉火祭り神社仏閣稚内市能登のキリコ祭り能登半島都電荒川線路線バス西武鉄道イタリアンご来光神社タコ料理トライアングルチケット富士吉田市フグ料理下吉田プロジェクションマッピングマグロ料理東武三崎港上高地副都心線丸の内線五所川原市五能線伊勢神宮伊豆大島伊那市三井不動産コレド室町ららぽーと豊洲カピバラ長崎バイオパークカンガルー銀座ランチ土肥桜ハンバーガー地下鉄パンケーキ天ぷら富士山市場廃線日本アルプス日間賀島朝市Go To Eat東急線東海汽船豊島区水族館カフェ河津桜洋食浅草真田家押上江東区商店街菜の花諏訪田製作所豊橋鉄道遊覧船都営地下鉄長岡花火JR山手線高遠城址公園越中島貨物駅網走市流氷ガリンコ号ゲームセンター網走監獄名古屋市営地下鉄秩父ゲーム小千谷市秩父夜祭ユネスコ無形文化遺産上越線冬花火越後交通冬祭り浅原神社知床信越本線世界遺産大地の芸術祭バス別海町お台場野付半島トドワラダイバーシティ東京プラザナラワラ夕焼けJR東日本Wきっぷキツネ最果て標津町阿寒湖神の小池屈斜路湖えちごトキめき鉄道オンネトー摩周湖標茶駅ノサップ岬カワウソ根室ぎおん柏崎まつり厚岸牡蠣北方領土ジンギスカン城南宮ストーブ列車庭園せんべい汁早春ソースカツ椿大阪万博大阪モノレール北大阪急行線ねぷた御堂筋線万博記念公園太陽の塔ひな祭り公園新倉山富士浅間神社ほくほく線私鉄ホタル小田急京王相鉄リゾートしらかみ京急ロープウェー富士急七夕京成新京成万代西武三崎口株主優待三浦半島株主優待乗車証三陸海岸上越市虎ノ門ヒルズ三越前五所川原立佞武多貨幣博物館青梅線五日市線京急油壺マリンパーク奥多摩湖京都東京アドベンチャーライン御岳渓谷無料入場無料伊豆七島八戸三社大祭クーポン八甲田山八食センター動物北信州ツーデーパス放し飼い北前船北原白秋北海道・東日本パス写真オウム北越急行コンゴウインコ北陸新幹線無印良品十和田湖誠品生活南信バー善光寺ビール土肥金山インベーダーゲーム城ケ島白い恋人堂ヶ島コレド室町テラスインスタ映え太宰治奥入瀬渓流割烹うどん豊洲ららぽーとゆりかもめあなご寺泊宇都宮駅寿司東武宇都宮駅小さな旅ホリデー・パス大谷石小籠包採石場地下神殿山本五十六大谷寺宇都宮市峠の釜めし弥彦線紅葉弥彦神社恋人岬燕三条駅弥彦駅植物園ナガシマリゾート近鉄新潟市ご当地グルメ伊勢うどん松坂牛桑名市港区日本海新橋浜松町明月院汐留イタリア街東急東京駅大戸屋神保町東海道本線ロシア料理都営新宿線麹町柏崎市台湾西荻窪杉並区横川中央線横浜都区内パス横須賀横須賀線池袋駅巣鴨駅水木しげるパスタコーヒー河合継之助ナポリタン小田急線津軽三味線渋谷区津軽鉄道渋滞ステーキ渋谷新宿三丁目新宿区町工場留萌市直島直江津地下街相模湖すみだリバーウォーク東京ミズマチ錦糸町食べ放題種差海岸立佞武多葛飾北斎立山連峰相撲立山黒部アルペンルート弁当蒸気機関車葛飾区首都高速堀切菖蒲園常磐線松尾芭蕉草間彌生パン樋口一葉豊島あしたのジョータイ料理越後川口カバン道の駅道央自動車道金木町中東料理鎌倉谷根千上野長谷寺長野荒川区長野電鉄バラベーカリー東京さくらトラム特急秩父市館鼻岸壁朝市所沢市池袋駅弁西武池袋線西武秩父線南北線黒部ダム京浜東北線北区渋沢栄一王子駅6月大河ドラマ稚内駅越中島支線JR北海道砂町銀座商店街宗谷岬潮見駅ノシャップ岬亀戸駅北防波堤ドーム貨物線宗谷丘陵中央区紋別晴海雄武町東京都港湾局専用線稚内晴海橋梁紋別市名古屋市桜通線名古屋市博物館

PR