Tabitek タビテク 上手な旅を応援する旅行ブログ

Tabitek タビテク

2019.05.13 3年に1度の祭典! 瀬戸内国際芸術祭の離島たち(直島編)

アートフェリー四国瀬戸内国際芸術祭瀬戸内海直島離島香川県

小豆島編の記事はこちら(その1その2その3

香川県高松港北西に12km、岡山県宇野港の近くに位置する直島は、1990年代からアートの島として町おこしを行い、現在では複数の美術館を有する一大拠点として知られています。2019年4月26日から始まった瀬戸内国際芸術祭でも主要会場の一つとなるこの島の様子を、前回の写真を交えながらご紹介します。離島ながら岡山県・香川県両方からアクセスの良い直島を、この機会に訪れてみてはいかがでしょうか。

本数なら岡山県側からの方が便利? 直島へのアクセス

直島は岡山県宇野港から約2.2kmの位置にあるため、宇野発着のフェリーが一番本数が多くなっています。しかし、複数の島を巡るなら香川県の高松港も捨てがたいところ。そこで、直島行きの主な航路を一覧にまとめてみました。

港の名前 主な区間・本数 運賃
宮浦港
(フェリー)
高松-直島(宮浦):5往復
宇野-直島(宮浦)13往復
直島(宮浦)-豊島(家浦):3往復
片道520円/往復990円(高松)
片道290円/往復560円(宇野)
620円(豊島)
宮浦港
(旅客船)
高松-直島(宮浦):6往復
宇野-直島(宮浦)7往復
1,220円(高松)
片道290円/往復560円(宇野)
※宇野港発の夜間便は580円、往復割なし
本村港
(旅客船)
宇野-直島(本村):5往復
直島(本村)-豊島(家浦):直島発7本、豊島発6本(※)
高松-直島(本村):高松発3本、直島発2本(※)
1,330円(高松)
620円(豊島)

※豊島美術館の休館日(通常は火曜日)は本村港を通過するため利用不可。
※上記の他、小豆島(土庄港、坂手港、土庄東港)発のフェリーがあります。詳細はこちら

宇野-直島間が一番本数が多く、値段も安いです。特に宮浦港は20往復、片道290円という破格の安さと本数を誇ります。岡山駅から宇野駅に向かうのにやや時間がかかりますが(40分~50分程度)、直島に日帰りするなら第一選択肢と言えるでしょう。

また、直島・豊島間の本数もそれなりにあるため、一日で両方の島を訪れることも可能です。今回は高松発・二島周遊のルートを選びました。

それではここからは、直島にある名所を紹介しながら、日帰り旅のようすをお送りしましょう。まずは高松港から直島・宮浦港行きの旅客船に乗船します。

瀬戸内海では何度も見ることになる光景ですが、やっぱりきれいですね。

安藤忠雄先生の建築も見所の「地中美術館」

宮浦港に着いたら、バスに乗って地中美術館へ。ちなみに港周辺には草間彌生先生の赤カボチャがありますが、今回は乗り換えの余裕がなかったので断念。バスから降りると、既に行列ができていました。早速並びます。

地中美術館は、安藤忠雄先生のコンクリート打ち放し建築が特徴的な美術館です。収蔵数自体は少なく、モネの睡蓮とジェームス・タレル(大地の芸術祭「光の館」の人ですね)、ウォルター・デ・マリアの作品のみを展示しています。その分、1作品に一室丸ごと使う展示スペースが魅力です。ちなみにモネの睡蓮の部屋は土足禁止ですが、社内では床に敷き詰められた石に感動していた後輩がいたくらいなので、細かいところまでこだわって作られたことが伺えます。睡蓮を見る際は、ぜひ足元にも注目したいですね。現在、入場は予約制となっていますので、訪問前にはWEBサイトからお申込みください。

無駄を排した余白の芸術。「李禹煥美術館」

地中美術館を出て10分ほど歩くと、次の美術館「李禹煥美術館」が見えてきます。入口の様子からして現代アート感バリバリですね。

李禹煥先生は、心地よい繰り返しパターンやシンプルな構図が持ち味の、現代美術を代表するアーティストです。WEBデザインにも一脈通じる部分がありますので、興味のある方は事前に作品を調べてみるとより楽しめるかもしれないですね。美術館では、厳選された作品を安藤忠雄先生の建築で心ゆくまで見ることができます。

ベネッセハウス周辺~直島南側の海岸のようす

美術館を出てから海に向かって歩くと、アートの島・直島の拠点となる「ベネッセハウス」が見えてきます。4棟の宿泊施設とレストラン、美術館を備えた複合施設です。美術館などを併設している他、屋外には何点か作品も展示されています。

海岸沿いの道を歩いていると、半分埋まった鳥居がありました。しかし、参道は見当たりません。もともとは砂に埋もれていなかったのでしょうか。不思議な光景です。

松の木のたもとには、かつて讃岐に流された崇徳帝の歌碑が。悲劇的な結末を忘れさせてくれそうな穏やかな風景です。この辺でバスに乗り、豊島行きのフェリーがある本村地区に移動しました。

島の伝統芸能「直島女文楽」が実施される”直島ホール”

本村地区には、直島の伝統芸能「直島女文楽」を始め、様々なイベントに使用される多目的施設、「直島ホール」があります。直島女文楽は、その名の通り女性が演じる人形浄瑠璃で、かつて直島が天領だった江戸時代から始まったとされています。明治になって一時廃れるものの、戦後になって復活。ここ直島ホールで定期的に上演されるようになりました。アートの島・直島だけあって、建物も非常にかっこいい作りです。

外見はシャープなフォルムの日本家屋ですが、中は柔らかい雰囲気と自然光を生かしたデザインで、初めて見た方はそのギャップに驚くかもしれません。島の公共施設だそうですが、一目で徹底的に作りこまれたことが分かる、超一流の建築です。設計者は広島を拠点に活動する三分一博志先生で、今後の活躍が期待されます。上演日でなくても、ぜひ一度訪れたい施設ですね。
※公開時期には制限があります。詳細はこちら

直島ホールを出た後は本村地区の中心部へ。瀬戸内国際芸術祭の会期に合わせて、一部の民家を開放して寛げるようにしていました。フェリーの出発時間まで一休みします。

この後はフェリーで、豊島の家浦港に移動しました。

半日の滞在でしたが、「アートの島」直島の様子を駆け足でご紹介しました。しかし、じっくり作品を見たいという方もいらっしゃると思います。島内には泊まる場所も多くありますので、気になった方は一度検討してみてはいかがでしょうか。
宿泊についての詳細はこちら

次回は直島の西、小豆島からは東に位置する”豊島”を、ご紹介します!

瀬戸内国際芸術祭のページはこちら
直島観光旅サイトのページはこちら
四国汽船株式会社のページはこちら
豊島フェリーのページはこちら

※当記事の写真は全て2016年3月に撮影したものです。現状とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

2019.05.153年に1度の祭典! 瀬戸内国際芸術祭の離島たち(豊島編)
2019.05.133年に1度の祭典! 瀬戸内国際芸術祭の離島たち(直島編)
2019.04.253年に1度の祭典! 瀬戸内国際芸術祭の離島たち(小豆島編・その3)
2019.04.243年に1度の祭典! 瀬戸内国際芸術祭の離島たち(小豆島編・その2)
2019.04.123年に1度の祭典! 瀬戸内国際芸術祭の離島たち(小豆島編・その1)
2022.08.26富士山の夏を締めくくる天下の奇祭! 2kmにわたる松明が圧巻の「吉田の火祭り」
2022.07.03長篠古戦場を経由する新ルート。東京と大阪を結ぶ高速バス「グラン昼特急号」乗車レポート(後編)
2022.06.22長篠古戦場を経由する新ルート。東京と大阪を結ぶ高速バス「グラン昼特急号」乗車レポート(前編)
2022.01.30都心からお台場まで無料で行ける! 実証実験中の「江戸ひとめぐりバス」に乗ってみた
2021.10.05大地震わす四尺玉! 思いを伝える新潟・片貝町の奉納花火
2021.08.03博物館がゲームセンターに!? レトロ筐体も多数出展される名古屋市博物館の「ゲーセンミュージアム」
2021.07.25昔の晴海には鉄道が走っていた!? 越中島支線と廃線跡を辿る東京ベイエリア散策(2)
2021.07.15昔の晴海には鉄道が走っていた!? 越中島支線と廃線跡を辿る東京ベイエリア散策(1)

人気の記事

2019.01.22隠れた格安ルート! 東京から往復5,000円台で行く日帰り伊豆大島・椿まつりの旅(1)
2020.04.30どのくらいオトク? 私鉄の株主優待乗車証の使い道(関東編)
2019.07.03上野から越後湯沢まで4,060円? 新幹線のオトクな早売り「お先にトクだ値」を使いこなす
2019.08.06青春18きっぷを超えた? 最強最安の「えちごツーデーパス」で行く予算1万円の新潟夏旅行(1)
2018.12.05知らなかった……。新宿・渋谷から河口湖まで1,400円以下で行ける高速バス激安乗り換え術(1)
2021.06.06+500円で所沢-西武秩父を快適移動! 西武の新型車両「ラビュー」の設備が素晴らし過ぎた件について
2019.06.25途中下車できるって知ってた? 「みさきまぐろきっぷ」を120%活用する寄り道・日帰り旅行術(3)
2020.08.08乗り換え時間60分化で東京メトロがさらに便利に!  122円でできるお手軽東京一周散歩
2019.05.17松本にも寄れるお得なセット券!「上高地ゆうゆうきっぷ」で行く初夏の信州(1)
2019.11.11北海道2,000kmの旅(4) -地平線が見える場所。宗谷岬から紋別までの絶景ドライブ-

都道府県で探す

東京都長野県北海道新潟県愛知県青森県山梨県香川県静岡県三重県京都府石川県神奈川県埼玉県大阪府長崎県富山県福島県秋田県茨城県島根県栃木県

タグ・キーワード

グルメ青春18きっぷ高速バス台東・墨田東京下町周遊きっぷ北海道2000kmの旅ホットペッパーグルメお花見フェリー博物館祭り離島お先にトクだ値ドライブ美術館花火台東区墨田区カレー中央道東京メトロアルピコ交通えちごツーデーパス夏祭り富士急行日帰りものみゆさんくーぽんポイントつかえる東武鉄道アートスイーツラーメン中央本線四国東北新幹線瀬戸内国際芸術祭瀬戸内海絶景鉄道7月ぐるっとパスみさきまぐろきっぷ上野原京浜急行伊豆八戸市富士五湖旅行格安歴史自然長岡市中華JR総武線8月あじさいイルミネーションクリスマスのと鉄道七尾線上越新幹線和倉温泉小豆島新倉山浅間公園新宿新幹線東京スカイツリー松代松本市河口湖温泉火祭り神社仏閣稚内市能登のキリコ祭り能登半島路線バス富士吉田市日比谷線銀座線千代田線半蔵門線動物園和食餃子千代田区都電荒川線イタリアンご来光タコ料理トライアングルチケットフグ料理プロジェクションマッピングマグロ料理三崎港上高地五所川原市五能線伊勢神宮伊豆大島伊那市土肥桜地下鉄天ぷら富士山市場廃線日本アルプス日間賀島朝市東急線東海汽船水族館河津桜真田家菜の花諏訪田製作所豊橋鉄道遊覧船都営地下鉄長岡花火高遠城址公園網走市流氷西武鉄道神社下吉田東武副都心線丸の内線三井不動産コレド室町ららぽーと豊洲カピバラ長崎バイオパークカンガルー銀座ランチハンバーガーパンケーキGo To Eat豊島区カフェ洋食浅草押上江東区商店街JR山手線越中島貨物駅新東名新城市JR東日本Wきっぷえちごトキめき鉄道カワウソぎおん柏崎まつりストーブ列車せんべい汁ソースカツねぷたひな祭りほくほく線ホタルリゾートしらかみロープウェー七夕万代三崎口三浦半島三陸海岸上越市五所川原立佞武多京急油壺マリンパーク京都伊豆七島八戸三社大祭八甲田山八食センター動物北信州ツーデーパス北前船北原白秋北海道・東日本パス北越急行北陸新幹線十和田湖南信善光寺土肥金山城ケ島堂ヶ島太宰治奥入瀬渓流寺泊寿司小さな旅ホリデー・パス小籠包山本五十六峠の釜めし恋人岬新潟市日本海明月院東急東海道本線柏崎市横川横浜横須賀横須賀線水木しげる河合継之助津軽三味線津軽鉄道渋滞渋谷町工場留萌市直島直江津相模湖種差海岸立佞武多立山連峰立山黒部アルペンルート草間彌生豊島越後川口道の駅道央自動車道金木町鎌倉長谷寺長野長野電鉄館鼻岸壁朝市駅弁黒部ダム稚内駅JR北海道宗谷岬ノシャップ岬北防波堤ドーム宗谷丘陵紋別雄武町稚内紋別市ガリンコ号網走監獄秩父秩父夜祭ユネスコ無形文化遺産冬花火冬祭り知床世界遺産別海町野付半島トドワラナラワラ夕焼けキツネ最果て標津町阿寒湖神の小池屈斜路湖オンネトー摩周湖標茶駅ノサップ岬根室厚岸牡蠣北方領土ジンギスカン城南宮庭園早春椿大阪万博大阪モノレール北大阪急行線御堂筋線万博記念公園太陽の塔公園新倉山富士浅間神社私鉄小田急京王相鉄京急富士急京成新京成西武株主優待株主優待乗車証虎ノ門ヒルズ三越前貨幣博物館青梅線五日市線奥多摩湖東京アドベンチャーライン御岳渓谷無料入場無料クーポン放し飼い写真オウムコンゴウインコ無印良品誠品生活バービールインベーダーゲーム白い恋人コレド室町テラスインスタ映え割烹うどん豊洲ららぽーとゆりかもめあなご宇都宮駅東武宇都宮駅大谷石採石場地下神殿大谷寺宇都宮市弥彦線紅葉弥彦神社燕三条駅弥彦駅植物園ナガシマリゾート近鉄ご当地グルメ伊勢うどん松坂牛桑名市港区新橋浜松町汐留イタリア街東京駅大戸屋神保町ロシア料理都営新宿線麹町台湾西荻窪杉並区中央線都区内パス池袋駅巣鴨駅パスタコーヒーナポリタン小田急線渋谷区ステーキ新宿三丁目新宿区地下街すみだリバーウォーク東京ミズマチ錦糸町食べ放題葛飾北斎相撲弁当蒸気機関車葛飾区首都高速堀切菖蒲園常磐線松尾芭蕉パン樋口一葉あしたのジョータイ料理カバン中東料理谷根千上野荒川区バラベーカリー東京さくらトラム特急秩父市所沢市池袋西武池袋線西武秩父線南北線京浜東北線北区渋沢栄一王子駅6月大河ドラマ越中島支線砂町銀座商店街潮見駅亀戸駅貨物線中央区晴海東京都港湾局専用線晴海橋梁名古屋市桜通線名古屋市博物館ゲームセンター名古屋市営地下鉄ゲーム小千谷市上越線越後交通浅原神社信越本線大地の芸術祭バスお台場ダイバーシティ東京プラザ長篠の戦い奥三河飯田線バスタ新宿長篠古戦場新名神五平餅冨士浅間神社