Tabitek タビテク 上手な旅を応援する旅行ブログ

Tabitek タビテク

2020.03.28 万博から50年。大阪の美意識が凝縮された記念公園の桜

万博記念公園公園北大阪急行線大阪モノレール大阪万博大阪府太陽の塔御堂筋線

「人類の進歩と調和」を掲げ、高度成長期真っ只中に行われた、大阪万博。今年で開催50年になります。千里の丘を切り拓いて作られた万博会場ですが、その跡地が日本有数の桜の名所になっているのをご存知でしょうか?
今回は、日本三大桜名所と同じかそれ以上と言ってもいい、万博記念公園の桜をご紹介します!

大阪市街地の北に位置する、万博記念公園

1970年の大阪万博の際に整備された、万博記念公園。場所は大阪駅のほぼ真北で、大阪駅からは大阪メトロ御堂筋線北大阪急行線千里中央駅にゆき、大阪モノレールに乗るのが一般的なアクセス手段となります。ただし京都方面からは阪急南茨木駅を使う方法もあり、こちらの方が運賃が安いです。どちらにしろ、モノレールに乗るという点は変わりません。

また、大阪モノレールは西に行くと伊丹空港に接続していますので、飛行機で訪れるのにも向いています。空港から直接訪れて、そのまま京都方面へ、といったルートもお勧めです。それでは早速行ってみましょう。

万博から50年。当時のパビリオンは撤去され、美しい公園へ

まずは大阪モノレールに乗って、万博記念公園駅へ。京都河原町からの運賃は570円、大阪梅田からの運賃は620円になります。今回は阪急で、南茨木駅からモノレールに乗りました。

駅から出てスロープを降ると、高速道路の反対側に太陽の塔が見えます。高速バスで大阪に来る時もこの辺りで一般道に降りるため、その時にも見ることができます。高速の向かい側が万博記念公園です。

そして、高速の手前側には、商業施設「エキスポシティ」があります。この場所には万博開催時に併設された遊園地があり、そちらが2009年に閉鎖されてから同じ場所に開業した施設です。

ちなみにこのエキスポシティ、商業施設ながら万博を意識した意匠がなされており、どことなくレトロフューチャーな感じのするデザインも見所です。未来を疑わなかった、エネルギーに満ちた万博の空気の一端を、感じることができます。

近頃では海遊館が手掛けた新感覚の水族館「ニフレル」でも話題になりました。今でも行列ができるくらいの人気です。今回は、ここで左に曲がります。

高速の下をくぐると、今回ご紹介する桜並木がある「自然文化園」の入り口に着きます。ここからは入場料が必要です。料金は、日本庭園・自然文化園共通で、260円。他の施設を利用するときは追加料金が必要な場合もありますが、桜並木を見るだけなら260円で大丈夫です。詳細は万博記念公園のページへ。

太陽の塔と桜の取り合わせが絶妙。どこを撮ってもハズレのない桜並木

万博記念公園に入るとまず目につくのが「太陽の塔」。言わずと知れた、岡本太郎氏の作です。芝生の仕上がり具合に公園側の気合いを感じます。

ちなみに太陽の塔の裏側には、黒い太陽が描かれています。トリビアとして披露してもいいかもしれません。

園内はすでにご覧の通りの、満開の桜。何より手入れが完璧なのがいいですね。ここからは、大阪の本気を感じる桜並木の写真を、一気にご紹介します。

側面から太陽の塔を撮った一枚。

広々とした園内はピクニックにも向いているらしく、家族連れの方もそれなりに見かけます。

敷地内には屋台や…

ケータリングカーなども出ていますが、いずれも桜の雰囲気を壊さないように配慮されています。じっくり写真を撮るのには最高の環境、と言えそうです。

エキスポシティの観覧車を撮った一枚。新宿御苑辺りと違って高層ビルがなく、背景が気にならないのが良いですね。

そして、広告などにもよく使われる、太陽の塔を撮った一枚。木の配置といい塔の形といい、これ以上のカットは想像できません。枝の剪定とか狙っているんじゃないか? と思えるくらいの構図です。

こちらは旧鉄鋼館の様子。万博終了後、ほとんどのパビリオンは撤去された中残る、数少ない建物です。今は「EXPO’70パビリオン」として、万博時代の資料などを展示しています。

本当にどこを撮ってもハズレのないカットです。桜の時期にはぜひ訪れたいスポットと言えそうです。

実は有名芸術家の作品? 万博時代のオブジェを公園から探してみた

さて、ここまで桜の紹介をしてきたので、ここからは記念公園本来の役割である「万博」にスポットライトを当てたいと思います。

大阪万博は1970年の開催で、当時最高の技術・デザイン・予算が投じられたイベントでした。高度成長期ということもあり、昭和中期のギラギラしたエネルギーのようなものを、今でも園内から感じ取りことができます。写真とセットで、いくつかご紹介しましょう。

まずは先ほどご紹介したEXPO’70パビリオンへ。ル・コルビュジェ的な外観も相まって、桜によく合いますね。

当時の様子を再現した模型。今の様子からは想像できないほど、人工物の塊のような場所でした。終了後の整備に相当な手間がかけられたことが伺えます。

万博開催時は、太陽の塔の周りには屋根がありました。今も屋根の一部が公園内に残されています。

館内にある、スペースシアターの様子。内装は当時のままです。上から吊り下げた球状の音響設備は、今見ても通用するデザインだと思います。このほかにも当時の資料が多数あり、大阪万博がどのようなコンセプトで作られているかを知ることができます。デザインのお手本のような内容なので、興味のある方はぜひ。

続いては、公園内にある池の様子。左側に見えるオブジェはイサム・ノグチ氏の作品で、「宇宙空間の夢」がテーマだそうです。

敷地の北側には、万博当時からある日本庭園も。広い敷地を生かした、なかなかハイレベルな内容です。京都の神社仏閣のような「狭いスペースで魅せる」庭園とは少し趣が違いますが。

もちろん、庭園内でも桜を見ることができます。先程の桜並木と比べて、さほど混まないのがポイントです。

先程EXPO’70パビリオンの紹介で少し触れた、万博当時の屋根の一部です。近づくとその大きさに驚きます。

また、記念公園内は桜以外の植物も多数あり、4月だとチューリップなどを見ることができます。

訪れたのは休日ですが、割と空いていますね。

後ろに観覧車を配した一枚。写真好きな方にとっては色々試せそうです。

最後は太陽の塔の裏側にある、黒い太陽と桜の取り合わせ。この辺で、次の目的地に向かうために公園を後にしました。

訪れるだけで、万博開催時の熱量を受け取れそうな、万博記念公園。イベントも多いので、季節を変えて何度も来たくなる場所です。

万博記念公園の桜並木、いかがだったでしょうか。この公園は大阪のまちづくりとも密接に関わっており、梅田から御堂筋線で来ると、道路や鉄道の配置も含めて、周辺一帯がニュータウンとして計算されて作られていることを実感します。

大阪は一見すると道頓堀などステロタイプな印象が目につきやすいですが、今回ご紹介した万博記念公園や中之島公園、大阪梅田の再開発など、優れたセンスと先進性を持ったプロジェクトも数多くあります。大阪に寄るときは、「普段と違う大阪を探してみよう」という気持ちで見ると、新たな発見があるかもしれません。

次回の大阪万博は、2025年。次はどのような感動が待っているのでしょうか。目が離せません。

大阪最高! 大阪万博! 大阪万歳!!

万博記念公園のページはこちら

2020.03.28万博から50年。大阪の美意識が凝縮された記念公園の桜
2020.03.01梅に対する印象が変わる! 「別格」という言葉がふさわしい京都・城南宮の神苑
2019.04.10高速バスより早く・安く・快適に! 東京-京都間「超」鉄道乗り継ぎ術
2022.06.22長篠古戦場を経由する新ルート。東京と大阪を結ぶ高速バス「グラン昼特急号」乗車レポート(前編)
2022.01.30都心からお台場まで無料で行ける! 実証実験中の「江戸ひとめぐりバス」に乗ってみた
2021.10.05大地震わす四尺玉! 思いを伝える新潟・片貝町の奉納花火
2021.08.03博物館がゲームセンターに!? レトロ筐体も多数出展される名古屋市博物館の「ゲーセンミュージアム」
2021.07.25昔の晴海には鉄道が走っていた!? 越中島支線と廃線跡を辿る東京ベイエリア散策(2)
2021.07.15昔の晴海には鉄道が走っていた!? 越中島支線と廃線跡を辿る東京ベイエリア散策(1)
2021.06.20JR線路沿いが隠れた見所。渋沢栄一ゆかりの「飛鳥山公園」に咲く6月のあじさい
2021.06.06+500円で所沢-西武秩父を快適移動! 西武の新型車両「ラビュー」の設備が素晴らし過ぎた件について

人気の記事

2019.01.22隠れた格安ルート! 東京から往復5,000円台で行く日帰り伊豆大島・椿まつりの旅(1)
2020.04.30どのくらいオトク? 私鉄の株主優待乗車証の使い道(関東編)
2019.07.03上野から越後湯沢まで4,060円? 新幹線のオトクな早売り「お先にトクだ値」を使いこなす
2019.08.06青春18きっぷを超えた? 最強最安の「えちごツーデーパス」で行く予算1万円の新潟夏旅行(1)
2018.12.05知らなかった……。新宿・渋谷から河口湖まで1,400円以下で行ける高速バス激安乗り換え術(1)
2019.06.25途中下車できるって知ってた? 「みさきまぐろきっぷ」を120%活用する寄り道・日帰り旅行術(3)
2020.08.08乗り換え時間60分化で東京メトロがさらに便利に!  122円でできるお手軽東京一周散歩
2019.11.11北海道2,000kmの旅(4) -地平線が見える場所。宗谷岬から紋別までの絶景ドライブ-
2019.05.17松本にも寄れるお得なセット券!「上高地ゆうゆうきっぷ」で行く初夏の信州(1)
2021.06.06+500円で所沢-西武秩父を快適移動! 西武の新型車両「ラビュー」の設備が素晴らし過ぎた件について

都道府県で探す

東京都長野県北海道新潟県愛知県青森県香川県山梨県静岡県三重県京都府石川県神奈川県埼玉県大阪府長崎県島根県富山県栃木県福島県秋田県茨城県

タグ・キーワード

グルメ青春18きっぷ台東・墨田東京下町周遊きっぷ高速バス北海道2000kmの旅ホットペッパーグルメお花見フェリー博物館祭り離島お先にトクだ値ドライブ台東区墨田区美術館花火カレー東京メトロアルピコ交通えちごツーデーパス中央道ものみゆさんくーぽん日帰りポイントつかえる東武鉄道アートスイーツラーメン中央本線四国夏祭り富士急行東北新幹線瀬戸内国際芸術祭瀬戸内海絶景鉄道7月ぐるっとパスみさきまぐろきっぷ上野原京浜急行伊豆八戸市旅行中華格安歴史JR総武線自然長岡市8月あじさいイルミネーションクリスマスのと鉄道七尾線上越新幹線日比谷線銀座線千代田線半蔵門線動物園和倉温泉和食餃子富士五湖小豆島新倉山浅間公園新宿新幹線東京スカイツリー千代田区松代松本市河口湖温泉火祭り神社仏閣稚内市能登のキリコ祭り能登半島都電荒川線路線バス西武鉄道イタリアンご来光神社タコ料理トライアングルチケット富士吉田市フグ料理下吉田プロジェクションマッピングマグロ料理東武三崎港上高地副都心線丸の内線五所川原市五能線伊勢神宮伊豆大島伊那市三井不動産コレド室町ららぽーと豊洲カピバラ長崎バイオパークカンガルー銀座ランチ土肥桜ハンバーガー地下鉄パンケーキ天ぷら富士山市場廃線日本アルプス日間賀島朝市Go To Eat東急線東海汽船豊島区水族館カフェ河津桜洋食浅草真田家押上江東区商店街菜の花諏訪田製作所豊橋鉄道遊覧船都営地下鉄長岡花火JR山手線高遠城址公園越中島貨物駅網走市流氷ガリンコ号ゲームセンター網走監獄名古屋市営地下鉄秩父ゲーム小千谷市秩父夜祭ユネスコ無形文化遺産上越線冬花火越後交通冬祭り浅原神社知床信越本線世界遺産大地の芸術祭バス別海町お台場野付半島トドワラダイバーシティ東京プラザナラワラ新東名夕焼けJR東日本Wきっぷ新城市キツネ奥三河最果てバスタ新宿標津町長篠古戦場阿寒湖神の小池屈斜路湖えちごトキめき鉄道オンネトー摩周湖標茶駅ノサップ岬カワウソ根室ぎおん柏崎まつり厚岸牡蠣北方領土ジンギスカン城南宮ストーブ列車庭園せんべい汁早春ソースカツ椿大阪万博大阪モノレール北大阪急行線ねぷた御堂筋線万博記念公園太陽の塔ひな祭り公園新倉山富士浅間神社ほくほく線私鉄ホタル小田急京王相鉄リゾートしらかみ京急ロープウェー富士急七夕京成新京成万代西武三崎口株主優待三浦半島株主優待乗車証三陸海岸上越市虎ノ門ヒルズ三越前五所川原立佞武多貨幣博物館青梅線五日市線京急油壺マリンパーク奥多摩湖京都東京アドベンチャーライン御岳渓谷無料入場無料伊豆七島八戸三社大祭クーポン八甲田山八食センター動物北信州ツーデーパス放し飼い北前船北原白秋北海道・東日本パス写真オウム北越急行コンゴウインコ北陸新幹線無印良品十和田湖誠品生活南信バー善光寺ビール土肥金山インベーダーゲーム城ケ島白い恋人堂ヶ島コレド室町テラスインスタ映え太宰治奥入瀬渓流割烹うどん豊洲ららぽーとゆりかもめあなご寺泊宇都宮駅寿司東武宇都宮駅小さな旅ホリデー・パス大谷石小籠包採石場地下神殿山本五十六大谷寺宇都宮市峠の釜めし弥彦線紅葉弥彦神社恋人岬燕三条駅弥彦駅植物園ナガシマリゾート近鉄新潟市ご当地グルメ伊勢うどん松坂牛桑名市港区日本海新橋浜松町明月院汐留イタリア街東急東京駅大戸屋神保町東海道本線ロシア料理都営新宿線麹町柏崎市台湾西荻窪杉並区横川中央線横浜都区内パス横須賀横須賀線池袋駅巣鴨駅水木しげるパスタコーヒー河合継之助ナポリタン小田急線津軽三味線渋谷区津軽鉄道渋滞ステーキ渋谷新宿三丁目新宿区町工場留萌市直島直江津地下街相模湖すみだリバーウォーク東京ミズマチ錦糸町食べ放題種差海岸立佞武多葛飾北斎立山連峰相撲立山黒部アルペンルート弁当蒸気機関車葛飾区首都高速堀切菖蒲園常磐線松尾芭蕉草間彌生パン樋口一葉豊島あしたのジョータイ料理越後川口カバン道の駅道央自動車道金木町中東料理鎌倉谷根千上野長谷寺長野荒川区長野電鉄バラベーカリー東京さくらトラム特急秩父市館鼻岸壁朝市所沢市池袋駅弁西武池袋線西武秩父線南北線黒部ダム京浜東北線北区渋沢栄一王子駅6月大河ドラマ稚内駅越中島支線JR北海道砂町銀座商店街宗谷岬潮見駅ノシャップ岬亀戸駅北防波堤ドーム貨物線宗谷丘陵中央区紋別晴海雄武町東京都港湾局専用線稚内晴海橋梁紋別市名古屋市桜通線名古屋市博物館